2012年5月30日水曜日

ノンフタル酸のRody(ロディ)


↑これはフタル酸使用のもの。

↑フタル酸不使用のもの。ノンフタル酸のものの方が高い。

前に頂いたのだけど、冬にストーブに触れたとかなんとかで、破れてしまったので、再度購入することに。

輸入代理店や、楽天、amazonなど見たけど、結局amazonが一番安かった。

普通に考えたら、直販サイトや、小売店自社サイトが一番安くて、amazon、楽天と続くだろうか。自社サイトも費用かけすぎていたら商売にならないけど。

値段を比べたりしていると、本当に小売の商売はやりにくいもんだと思う。

楽天のショップなどでは、ラッピングに工夫を凝らすなどして、差別化し、価格を上げているようだ。

そういったお店の努力が伝わればよいが、私のような客ばかりだと、努力も徒労に。そうしたラッピングでの特別感も、お金持ち相手にしか通用しない。

なんだか、やな話になってしまったが、ロディは甥達や姪達にはそれなりに人気である。

200kgまで大丈夫!と書いてあるだけ在り、重さには強い。大人が乗っても大丈夫。70kgある私も乗ってみたし。

子供のおもちゃとしてはもちろん、インテリア性もあると思う。コレクションしてる人も多いんじゃないかな。日本の企業ではこういう商品を育てるのって難しいのかしら。サンリオとかか?キティって世界的にはどういう位置づけなんでしょうね。

ロディ(本体)の耐荷重は、200kgです。対象年齢は3歳以上です。
ロディ(本体)の最大限の胴囲は72cmです。胴囲65cm前後でお使いください。
とがったもの(ナイフ・釘・石・鉛筆など)が刺さると穴があきます。戸外や道路では使用しないでください。また、ロディに穴があく可能性のある衣服の付属物やアクセサリーは、必ずはずしてから使用してください。
ロディ(本体)に穴があいてしまっても修理することはできません。安全のため破損・変形した場合は絶対に使用しないでください。
階段・ベランダなど転落の恐れのある場所、火気のある場所、ストーブや暖房器具の近く、直射日光の当たるところなど高温になる場所、-5℃以下の場所での使用・保管は絶対に避けてください。使用・保管場所は20℃くらいが適しています。
2人乗りなどの危険な使い方は絶対にしないでください。不適切な使い方をした場合、製造会社・輸入会社に責任は問えません。
未就学児及び学童は、必ず指導者・保護者のもとでご使用ください。
栓やジョイントなど小さい部品が入っていますので、ご使用にならない時は子供の手の届かないところに保管してください。
ロディ(本体)を洗う場合は、柔らかい布・石鹸水などを使用し、決してブラシ・研磨用スポンジなどキズの付く可能性のあるものは使わないでください。
油性ペンを使って書き込むと、素材を傷める場合があります。

http://www.rodystore.jp/=/html/=/html/page18.html#anzen

ビニールのボディなのだけど、なんだかちょっとぬるっとするのが気になるし、やっぱりビニール臭い。まぁそういうもんだと思って遊んでるので問題はないが。劣化防止のための油かなにかだろうか。

あと、ロディには「フタル酸ロディ」と「ノンフタル酸ロディ」があるようだ。
フタル酸とは、

  • 生産過程で原材料である塩化ビニールを軟化させるのにこのフタル酸を使用している
  • 急性毒性は、食塩や砂糖よりも低い。
  • 皮膚刺激性は無刺激ないし微刺激の範囲。
  • ユーロ圏もアメリカもうフタル酸入りの子ども用玩具は規制されている
  • 環境ホルモンとの疑いも?

などなど。「フタル酸ロディ」と「ノンフタル酸ロディ」の違いは

  • 普通のロディーは目が黒でつやあり。
  • ノンフタル酸ロディーは目が青でややつやが少な目。

らしい。売値を比べてみると、ノンフタル酸のロディの方が高いみたい。
多分今まで使っていたものはフタル酸使用のものだったのではないかと思う。まぁ危うきに近づかなくても良かろうということで、ノンフタル酸ロディを買ってみることに。

ところで、販売している業者が多いせいか、amazon内にもRODYの同じ商品ページが複数あり、探すのに手間取った。「ノンフタル酸 rody」と検索しても、フタル酸使用のRODYが沢山出てきたし。買う方としては、もっとサクサク買いたいので、これはどうなのかなと思ってみたり。

自社ブランド品以外はもう、amazonがページ作ってくれたらいいじゃないと思うのだけど。