2012年2月15日水曜日

世界の国々の様々なデータをグラフで比較できるGoogle Public Data Explorer がおもしろい。

以前にこのブログにインポートしたエントリを見ておりましたら、いじってみるとおもしろいwebアプリが出て来まして。

世界の国々のこんなデータがグラフで表示できちゃうGoogleのサイト。

  • 1 人あたりの CO2 排出量
  • 1 人あたりの GNI(購買力平価ドル)
  • 1 人あたりのエネルギー消費量 
  • 1 人あたりの電力消費量
  • 5 歳未満児の死亡率
  • GDP デフレーターの変化率 
  • GDP 成長率
  • インターネット利用者数の対人口比
  • 人口
  • 人口増加率
  • 出生率
  • 国内総生産
  • 国民総所得(購買力平価ドル)
  • 平均寿命
  • 軍事費の対 GDP 比
  • 輸入の対 GDP 比
  • 輸出の対 GDP 比
例えば、

こんなデータも見方を変えると、


もともと、福祉国家で有名な(?)スウェーデンではどうちがうのかしら?となんとなくこの2つをピックアップしてみました。「なんだかんだ言って、日本のほうが低いんじゃないの?」と思ってましたが、スウェーデンもすごかった。もっとすごいとこも合ったけどそこは割愛。

なかなかこういうデータを自分で作るのは面倒ですが、こうして興味本位で見られるってことはすごいですよね。

いろんな国をいろんな角度から比較できるので、ちょっとかまって見るだけでもおもしろいですよ。