2011年9月5日月曜日

その日の朝、僕は西の空に煙が上がるのを見た。

西風に吹かれて舞い降りる、灰。
ああ、あの大木が焼かれているのか。
苔むして、大きく育った木だ。
夏になると子供たちに日陰を作ってきた、木だ。
その灰が今、こんなに離れたところまで、風に吹かれて。


今はもう、失われた風景。