2011年9月5日月曜日

見慣れない景色

今夜はお通夜。
その家はいつもこの時間には、うっすら明かりが漏れているだけなのに、今夜は明々と蛍光灯が光っている。
いつもと違う風景。年が離れているせいか(故人は40歳)、正直、本人の顔はよく思い出せない。
目と鼻の先に住んでいるのに、だ。
父と、よくないことだ、などと話す。

今夜きていた人は、みな同じことをいう。
「もったいない」「自分の子のことと重ねてしまう」

ほんとうにもったいない。
私の母は、彼の足を見て、
私の足と同じだといって泣いたそうだ。

親は、子供のために生きている。

こういっていた人もいる。
「子供にとっても生きにくい世の中になっている」