2011年9月5日月曜日

最近見る夢のパターン

一人で、どこかのテーマパークのにいる。
たくさんいる客には友達や、知り合いが多い。
たまに、その知人に話しかけられることがあるけど、批判的なことを言われるのがほとんどで、まともな話にはならない。
周りのアトラクションは、欠陥品ばかりで、次第に、あちこちが壊れていく。

今回のテーマパークは、広い、高い丘の上のテーマパークで、古い遺跡をモチーフにしたような感じ。地面は短い草が生い茂り、天気は晴れ。長い長い階段を登ると、テーマパークを一望できた。でも基本的には何もない感じ。森が点々とあって、そのそばに古い木造の建物があったりする。入り口から、長い階段までが、石畳になっている。

ある倒壊した古い家屋の中を見物し、出口へと向かっていると、小さな男の子と目が会った。その子はくるりと後ろを向き、外へとかけて行った。
外に出てみると、短い上り坂の向こうから白い煙が、見えた。その坂を駆け上がると、遠くの方に火の手があがっている。
逃げ惑う人々、その流れに乗って、一緒に逃げていると、反対の道からも、走ってくる人の流れが。
どうやら、火に囲まれてしまったらしい。
なんとか、火のないところを見つけたが、その道を先に走っていた人が、突然地雷のような爆発に巻き込まれた。

その爆発は道の先から来た、バズーカ砲?を担いだ人たちが放った弾丸で、絶体絶命。(ここが想像力の限界?)
それでも生き残ろうと、身を隠せるような場所を探した。

・・・ってところで目が覚めた。
これで3回目くらいの夢。
今日は雨ですね。