2011年9月5日月曜日

やる気は行動についてくるとかいうネタを思い出したよ。

毎日書くって言ってるそばから書けておりません。
もう12時回ってしまいましたので、正確には毎日ではありませんね。
多めに見るとしましょう。しょうがねぇもの。

コンテンツを作っていく、ということは本当に難しいですね。
毎日それなりにいろんなことがありますので、思ったことなどなど書いていけばいいのですが。ネタ帖はあるので、あとはこうして、Livedoorの管理画面で書くことなのかなぁ、と。

やる気の出る仕組み、というので数日前にネットで見た記事に、こういうのがありました。
  1. Body 体を動かす
  2. Experience いつもと違うことをする
  3. Reward ご褒美を与える
  4. Ideomotor なりきる
私が一番気になったのは、1のBodyです。
風呂に入るとさっぱりしますが、風呂に入るまでは面倒で仕方がない、ということを感じたことは、たぶん多くの人があると思うのですが、入ってしまうとどうってことないですよね?「体を動かす」というのはこれと同じことだろう、と解釈しました。

今こうして私がブログを書いているのですが、ここに至るまでに、何書こうか、と結構悩んでいたりするのです。ネタは3つか4つ浮かんだのですが、どれも内容に乏しい、まとまらない。で、結局かけないことをネタにするところから始めてしまいました。そうすることで、依然読んだやる気のネタを思い出したのです。

メモ帳やなんかの、ブログの入力フォーム以外のところに書き始めると、だめだって言うのもあるかもしれません。あとから、続きを書けばいいや、ってことになりがちなのです。本当にサボり根性が染み付いてますね。あとで出来ることは後回しにしてしまう・・・。やる気のスイッチと言う部分で、ブログを書くときのスイッチは入力フォームにアクセスすること、という風になっているのかもしれません。私のネット暦は、10年ほど前に始めたの魔法のiらんどからだったりしますので、駄文書きとしてのどうしようもないキャリアは結構あるのです。

しかし、具体的に書く内容が決まってないほうが、結構かけたりするものですね。書く事がないときは、書くことないなーってことから、つぶやきはじめるといいかもしれませんね。

つぶやくと言えば、twitter流行ってますね。私もやってますが。
twitterのつぶやきをまとめるブログ、というのも少しずつですが出てきています。SEO目的にページ数を増やすってことでも、twitter使えるかもしれませんね。

今回は20分で1エントリ書いてますが、今後も20分くらいを目安にしていきたいですね。長々と書いていると、結局書き上げられなかったりしますから。途中でもいいから上げてしまうが吉。