2011年9月5日月曜日

買ってきた:かんたんプログラミング PHP 久松慎一 著

WEB+DB PRESS も読んでみたかったので買ってきた。こうったIT系の出版社で定評のあるのはどこの出版社なのだろうか。

PHPの入門書は早く買いたかったのだけど、なかなか購入に踏み切れないでいた。この本の購入に至ったのは、最初の「はじめに」のページにこんな一文があったからだ。

PHPはその柔軟さゆえ、ときどき「ゆるふわ言語」などと呼ばれつつも、現在のところWebアプリケーションを開発するための手段(開発言語)のベストチョイスです。

ゆるふわって(笑)

いや、それだけじゃなくて、技術評論社の本ってどうなんだろうとか、発売日が10月1日になってるからとか理由はあるのだけど。
本を選ぶのも失敗しないとわからない部分も多いから、そんなにビビッてたらいけないんだろうけど、失敗は少ないほうがいい。読み進めないと失敗かどうかはわからないのでとにかく進めてくことですよね。どれくらいで読み終えれるか・・。読み終わったからといって、身についてるわけではないので何度も反芻してくんだろうけど。